Smallville

smallville

HTML5の基礎まとめ(HTMLの歴史からHTML5のポイントまで)

HTML

HTML5をHTMLの歴史からまとめてみました

HTML5とは

HTML5とは、WHATWGおよびW3CがHTML4に代わる次世代のHTMLとして策定を進めているHTML仕様のことです。HTML4.0に続く5番目のHTMLということになります。これまでよりも高度な機能を持つWebページが作れ、特定のOSやブラウザに依存しないという特徴があります。ではそもそもHTMLとはなんなのでしょう。

HTMLとは

HTMLとはHTML(HyperText Markup Language)の略です。テキストで記述され、HTMLドキュメントがブラウザに読み込まれるとWebページが表示されます。ハイパーリンクがもっとも特徴的な機能です。

このように、タグを入れてテキストをマークアップ(意味づけ)する言語です。

<html>
<head>
<title>ページタイトル</title><!--ページタイトル-->
</head>

<body>
<h1>見出し</h1><!--見出し(headline)-->
<p>本文本文<!--段落(paragraph)--><ahref="link.html">リンク</a><!--ハイパーリンク-->本文本文</p>
</body>

</html>

HTML5を理解するためのキーワードと8つのポイント

HTML5を理解するためのキーワードはこちらです。

  • W3C(World Wide Web Consortium)
  • ティム・バーナーズ=リー
  • IETF(Internet Engineering Task Force)
  • WHATWG(Web Hypertext Application Technology Working Group)
  • Hypertext Markup Language Internet Draft

HTML5 8つのポイント

  1. SEMANTICS
  2. OFFLINE & STORAGE
  3. DEVICE ACCESS
  4. CONNECTIVITY
  5. MULTIMEDIA
  6. 3D, GRAPHIC & EFFECTS
  7. PERFORMANCE & INTEGRATION
  8. CSS3

HTML5の必要性

かつてのWebサイトは「情報の閲覧」のためであったのに対し、最近では「Webアプリケーション」を操作する目的で使われるようになってきて、初期の仕様がそぐわなくなってきました。そのため高度な機能を持つWebページを作成するためにHTML5が必要となってきました。

HTML5の歴史HTMLの誕生とバージョンアップ

HTMLは、1990年代初めにCERNに勤めていたティム・バーナーズ=リー(Tim Berners-Lee)によって作成されたマークアップ言語です。ティム・バーナーズ=リーは、WWW(World Wide Web)やHTTPも生み出し、そのプロトコルに適したWeb上の汎用言語としてHTMLが作成しました。

これらの技術は、現在インターネットとして世界的に使われているものです。HTMLは、1990年代からそれまでのマークアップ言語SGMLに、インターネットのためのハイパーテキストの機能を取り入れた仕様が定義されました。1993年にIETFからHTMLバージョン1.0が公開され、SGMLからの拡張としてDTD(文書型定義)を持つようになり、1996年からW3CによってHTMLの仕様が標準化され、2000年に国際標準となりました。その時にW3Cから勧告されたHTMLのバージョンは4.0でした。2014年にW3CによってHTML5が勧告されました。

W3CがHTMLの仕様を標準化するまでは、ブラウザごとに独自の定義がされ、あるブラウザで表示されるものが、異なるブラウザでは表示されないなどの問題があった。W3Cが標準化したことにより、ブラウザごとに要素の定義が統一されていなかったHTMLの互換性が保証されるようになった。

HTML1.0

HTML1.0は、初めて一般公開されたマークアップ言語。見出し、段落などの文書構造のための基本要素の他、他の文書や要素にリンクする機能も提供された。

HTML2.0

このバージョンから、文書型定義の宣言(DTD)を定義している。HTML1.0の要素に新しい文書構造のためのタグと入力フォーム関連のタグが追加された。

HTML3.2

このバージョンは、一覧表を作成するためのテーブルタグや文書を成型するためのタグや属性などが追加されている。このバージョンから、フォントや背景などに色をつけることもできるようになった。また、embed要素やapplet要素で音声やビデオの再生やJavaアプレットの実行などHTTPを仕様しないオブジェクトもWebページ上で動作することが可能となった。なお、このバージョンの前のHTML3.0は、草案だけで正式勧告されないまま廃棄となった。

HTML4.0

HTML3.2までのプレゼンテーション用のタグや属性を非推奨として再定義し、本来のSGMLの基本方針にのっとったバージョン。文書の整形処理はスタイルシートを利用し、文書の構造のみを記述するように整理している。

HTML4.01

HTML4.0から更にアクセシビリティを高める目的でタグや属性が追加された。

XHTMLの誕生

HTML4.01が勧告された後に、XHTMLが登場している。XHTMLは、HTMLをXMLの文法で定義しなおした仕様で、他のXMLに埋め込んだり、拡張したりすることが可能で、HTML4.01に代わる新しいWebの技術になることが予想されていた。W3Cは、XHTML1.0を2000年に勧告し、2001年に1.1、2002年に2.0とXHTMLのバージョンを策定していますが、XHTMLと互換性のないWebサイトが多い、XHTMLのMIMEタイプが使えないブラウザが普及しているなどの理由により、XHTMLの普及は意図する通りに進まなかった。

HTML5の誕生

XHTMLの普及が進まない中、Webアプリケーションの機能が更に発展していき、XHTMLでなくHTML自体の仕様を更新すべきという流れがあり、WHATWGが次世代HTMLとしてHTML5の仕様を策定し始めました。W3Cは、最初は方針に反することとして反対していましたが、HTML5が多くの企業や開発者たちに受け入れられたため、HTMLの新しい仕様として正式に採用しています

2014年にW3CによってHTML5が勧告されました。

HTML5の特徴と代表的な機能

HTML5の特徴と代表的な機能はこちらです。

マークアップに関する構造化要素

HTML5では、これまでのHTML以上に文書構造がより体系的になるように新しい要素が追加され、Webページのヘッダーやフッターなどの構成をタグで対応できるようになりました。これらの要素を使用したWebページを作成すると、検索エンジンの精度を上げたり、リスティング広告のサイトへの配信がより的確になるなどのメリットも出てきます。

フォーム要素

入力フォームを作成するときに、メールアドレスや電話番号などのよく使用する入力欄について専用の属性が追加されました。また、数値や日付のような入力欄の場合に制御ができる属性も追加されています。入力サポート機能や入力値のチェックなどもマークアップで対応できるようになっています。

マルチメディア要素

FlashやSilverlightなどのプラグインを使用しないで音声や動画を再生する要素が追加され、音声や動画の扱いがより簡単になっています。JavaScriptを併用して、再生のコントローラ機能を実現することも可能です。

Canvas機能

Canvasは、グラフィックス描画をするための領域です。FlashやJavaアプレットを使用して描画していましたが、HTML5ではJavaScriptでこのCanvasに描画します。

ドラッグ&ドロップ機能

Webページ内で要素を移動したり、ファイルをアップロードすることができる機能です。File APIと併用すると、ファイルの中身を取得したり、Webページからローカルのファイルを操作することができるようになります。

オフライン機能

オフラインでWebページを閲覧したり、Webアプリケーションを動作するための機能です。オフラインでは、ローカルにキャッシュしたリソースを使用してWebアプリケーションを動かすことができます。

クロスドキュメント通信機能

この技術を使うと、異なるウィンドウ(フレーム)間でメッセージの送受信ができます。これまでJavaScriptなどを使って異なるドメイン間でメッセージの送受信はできませんでした。HTML5のクロスドキュメント通信機能を使用すると、別のドメインに対してリクエスト送信したり、データをやり取りすることが可能になります。

スポンサーリンク