Smallville

smallville

HTML5の基本的な文法や記述方法についてのまとめ

HTML

HTML5の文法は、基本的にHTML4.01と同じです

DTD(Document Type Definition):文書型定義

DTDはスキーマ言語の一種です

!DOCTYPE HTML DTDの情報

HTML5ではDTDの指定が不要です(今後はHTMLのバージョンがなくなり1つになるため)

現時点では、以下のいずれかの記述をすることが一般的です(どれを選択しても問題はありません)

<!DOCTYPE HTML>
<!DOCTYPE html>
<!doctype html>

metaタグは charset属性のみ

「CSS」「JavaScript」記述のためのmeta要素は削除します

《HTML4.01》

《XHTML5》

link要素・style要素・script要素の属性は不要

type属性は削除します

空要素の閉じ方

<br>

<br />

どちらの記述も可能(混在していても文法上は問題はありません)

HTML5では柔軟な書き方が許可されている

  • 属性値の「” “」を省略できる
  • 終了タグをを省略できる(現時点では、旧ブラウザ対策もあって省略の記述を利用することはありません)

通常は

<img src="#" width="100" height="100">
<ul>
<li>項目</li>
<li>項目</li>
<li>項目</li>
</ul>

このようにwidthやheightの値には「” “」を記述します。また、リストも終了タグ</li>をつけていますが、HTML5ではこれらを下記のように省略することができます。

<img src="#" width=100 height=100>
<ul>
<li>項目
<li>項目
<li>項目
</ul>

しかしながら、まだ現時点ではあまり一般的ではないので省略せずに記述する場合がほとんどです。

スポンサーリンク