Smallville

smallville

JWNETで利用する電子マニフェストの公開確認番号についてのまとめ

JWNET

収集運搬業者

公開確認番号とは、JWNETを利用する際に収集運搬業者と処分業者が排出事業者に伝える6桁の数字のことです。以前は「公開パスワード」という名称でしたがログインパスワードと混同してしまうことから「公開確認番号」と変更になったそうです。

公開確認番号のポイント

公開確認番号については、以下のことを知っていれば大丈夫です。

  • 収集運搬業者と処分業者に与えられる6桁の番号
  • 排出事業者には公開確認番号は無い
  • 収集運搬業者と処分業者は排出事業者に公開確認番号をつたえる必要がある
  • 公開確認番号はJWNETにログインしてマイページで確認できる

排出事業者は処理業者を電子マニフェストに登録するためには、基本設定で各収集運搬業者と処分業者を設定しなくてはいけません。

基本設定の際に必要になるのが、処理業者の加入者番号(ログインID)と公開確認番号です。一度登録しておけば、設定は完了です。

新規取引時に公開確認番号を伝える

収集運搬業者と処分業者は新しく取引をする排出事業者に加入者番号と公開確認番号を必ず伝える必要があります。

公開確認番号は、Webサイトなどに掲載されているものでは無いので、排出事業者は収集運搬業者と処分業者に直接公開確認番号を聞く必要があります。

以上、JWNETで使用する公開確認番号についてまとめてみました。

スポンサーリンク