Smallville

smallville

確定情報となった電子マニフェストに誤りがあった場合の対処方法

JWNET

JWNET

JWNETの電子マニフェストで「確定」となったマニフェストは、修正や削除が一切出来なくなります。

では、確定情報となったマニフェストに誤りがあった場合は、どのように対処すれば良いのでしょうか?

JWNET上での削除・修正は一切不可

確定情報となった電子マニフェストは、JWNET上での修正や削除は一切出来ません。

例外はこれまで無いそうです。いたしかたないですね。

排出事業者が書面でマニフェストの変更を提出

JWNET上での修正や削除ができないため、正しい情報を書類で自治体に提出する必要があります。

自治体ごとに報告の方法はまちまちらしいのですが、毎年、排出事業者が自治体に報告している 「電子マニフェスト登録等状況報告書」(行政報告)の内容を変更する書面を提出しなくてはなりません。

提出するのは、排出事業者です。

提出先は、排出事業場のある自治体です。

変更の書式はJWNETのWebサイトにサンプルが用意されています。

JWNET加入者ページ:電子マニフェスト登録等状況報告書の変更について

確定情報に誤りがあった場合のやることまとめ

まとめます。確定情報となった電子マニフェストに誤りがあった場合

  • 排出事業者が書面で変更内容を報告する
  • 報告先は、排出事業場のある自治体
  • 報告のタイミングは毎年行われる行政報告の後が望ましい

変更用の書式や、報告のタイミングなどは各自治体ごとに違っていると思いますので、先ずは自治体の廃棄物関連の担当者に相談するのが良いと思います。

スポンサーリンク