Smallville

smallville

産業廃棄物処理業者の優良認定制度についてまとめ

JWNET

優良産廃処理業者認定

産業廃棄物の処理業者(収集運搬・処分)のなかに優良産廃処理業者認定制度があります。優良産廃処理業者認定制度とは、通常の許可基準よりも厳しい基準に適合した優良な産廃処理業者を、都道府県・政令市が審査して認定する制度です。

優良産廃処理業者認定制度の認定の基準、そのメリットをまとめてみました。

優良産廃処理業者認定制度の認定基準

優良産廃処理業者認定制度における認定を受けるためには、以下の基準に適合することが必要です

  • 遵法性
  • 事業の透明性
  • 環境配慮の取組
  • 電子マニフェスト
  • 財務体質の健全性

以上の5つの基準を満たすことが認定基準となります。ではそれぞれどのように条件をクリアしていけばよいのでしょうか。

遵法性

遵法性については、5年以上の産廃処理業の実績があり、この5年間に不利益処分を受けていないことが条件となります。そのため新規に立ち上げた業者では基準を満たさないということになります。

事業の透明性

次に事業の透明性についてですが、取得した許可の内容や産業廃棄物の処理状況、施設の維持管理状況など、一定の情報について、インターネットにより一定期間公表し、かつ、所定の頻度で更新していることが基準となります。簡単にいうと自社のホームページを持っていてそこできちんと許可の内容等を公開しているかということです。

環境配慮の取組

環境配慮の取組についてはすこしハードルが高くなります。ISO14001やエコアクション21等による認証を受けており、環境に配慮して事業を行っていることが基準となります。

電子マニフェスト

これは簡単ですね。JWNETに加入して電子マニフェストが利用できる状態であればかまいません。

財務体質の健全性

財務体質については、直前3年の各事業年度のうちいずれかの事業年度における自己資本比率が10%以上であること、法人税を滞納していないことが基準です。

優良産廃処理業者認定制度のメリット

以上の基準を満たし、優良産廃処理業者の認定をうけた場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。

認定を受けた産業廃棄物処理業者は、以下のメリットを受けられます。

  • 許可証等を活用したPR
  • 産業廃棄物処理業の許可の有効期間の延長
  • 申請時の添付書類の一部省略(自治体の判断によります。)
  • 財政投融資における優遇
  • 環境配慮契約法に基づき国等が行う産業廃棄物の処理に係る契約での有利な取扱い

具体的には、優良産廃処理業者認定をうけていることで排出事業者へPRが可能となり、許可の有効期間が通常5年のとこと、7年に延長されます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ISO14001の取得がすこしハードルが高いかもしれませんが、処理業者のかたは是非優良産廃処理業者認定をめざしてがんばってください。

参考リンク:環境省優良産廃処理業者認定制度

http://www.env.go.jp/recycle/waste/gsc/

スポンサーリンク