Smallville

smallville

JWNET 電子マニフェストについてまとめ

JWNET

電子マニフェスト

電子マニフェストとはマニフェスト情報を電子化してインターネット上でやりとりをする仕組みのことです。

廃棄物処理法第13条の2の規定に基づき、公益財団法人日本廃棄物処理振興センターが唯一の「処理センター」として指定され、電子マニフェストシステムの運営を行っています。

産業廃棄物のマニフェスト制度とは

産業廃棄物の行先を管理し、不法投棄を未然に防止するもので、紙マニフェストと電子マニフェストの2種類あります。

マニフェストの目的

排出事業者は自らの責任で廃棄物を適正処理しなくてはなりません。産業廃棄物のマニフェスト制度は、産業廃棄物を委託処理する排出事業者の責任を確保するとともに、不法投棄を未然に防止することを目的とした制度です。

マニフェストを利用することにより、排出事業者が産業廃棄物が委託内容通りに適正に処理されたことを把握・管理することができます。

産業廃棄物の処理を他人に委託する場合は、マニフェストを利用して委託した廃棄物が最終処分まで適正に処理されたかどうか確認する義務があります。

排出事業者は処理業者から所定の期限内に処理終了報告がない場合には都道府県・政令市に報告(措置内容等報告書)しなくてはならないという決まりもあります(期限切れと表現します)。

電子マニフェスト

電子マニフェストと紙マニフェストの違い

電子マニフェストと紙マニフェストの違いとして、電子の場合は、マニフェストの保存が不要であることがあげられます。

電子マニフェストの特徴

電子マニフェストの特徴として、引渡しから3日以内に登録する(報告)する必要があることや、マニフェストの保存が不要(紙は5年間の保存義務)、行政報告が不要(排出事業者)などの特徴があります。

電子マニフェストのメリット

電子マニフェストのメリットは、事務処理の効率化、法令の遵守、データの透明性などがあります。

電子マニフェストのデメリット

電子マニフェストを利用するにあたっての条件をすべてクリアしなくてはいけないので、事前の準備が必要になるくらいで、電子マニフェストのデメリットは、特にありません。

電子マニフェストを利用するには

それでは、電子マニフェストを利用するにはどのような準備が必要なのでしょうか。

まず、JWNETに加入する必要が有ります。次に、排出事業者・収集運搬業者・処理業者の三者がすべてJWNETに加入している必要があります。排出事業者のみ、収集運搬業者のみといった利用はできません。

電子マニフェストを利用する三者がJWNETに加入済みであることが、電子マニフェストを利用する条件です。

電子マニフェスト

スポンサーリンク